來間屋生姜糖  width= お問い合わせ特定商取引法の記載プライバシーポリシー

買い物かごを見る

トップページ 來間屋について 來間屋こだわり 商品一覧 生姜のはなし 取扱店一覧 掲載情報 0
商品案内
生姜糖・詰め合わせ
抹茶糖
ひとくち糖
しょうが湯・恋の甘方楽
季節のお菓子・ギフトセット
ブライダル・企画商品

ショッピングガイド
全商品一覧
ご注文方法
支払い方法と送料
ラッピング
特定商取引法について
プライバシーポリシー
お問い合わせ

ウェディング

季節商品

生姜の成長日記

木綿の成長日記

お客様の声

生姜糖イメージ

 

0

 

山陰名産 來間屋生姜糖本舗
住所 〒691-0001  島根県出雲市平田町774
詳しい地図
TEL (0853)62-2115
FAX (0853)62-1303
営業時間 営業時間/9:00〜19:00
定休日/不定休
0


マップ
▲クリックすると詳細が表示されます。

 

0

0

來間屋文左衛門(くるまやぶんざえもん)は寛文十―年に平田の片原町に牛まれ、夙(つと)に詩文に長じまた書を能くしたので壮年の頃松江藩の奉行所に勤務して帯刀さへ許されたが、晩年に至り離職して郷里に帰り専ら茶華の道に心を寄せた。

当時平田の製菓業は甚だ幼稚で、偶々駄菓子を作るものはあってもいわゆる祖悪であり永く貯蔵することもできなかったので、彼は深くこれを遺憾とし、風流珍味の菓子を製作して大いに一般の嗜好に投じようと決意した。

そこで種々考案の結果砂糖に生姜を混じて練り固めれば辛甘相和して高尚かつ耐久力のある菓子ができると考えつき、試作するが、再三失敗して大いに損失を招いた。併し彼はこれに屈することなく更に十数回の実験と失敗を重ねた末に生姜は出西産に優るものはないことを知り、正徳五年遂に初志を貫徹した。

以来製法を秘して一子相伝としたが当時は産額が甚だ少なかった。然るに文化年間に至り下郡の手を経て時の徳川将軍家齊及び藩主に献上したところ、大いに賞賛されたのでようや世間の人に認められるようになった。

 

5

明治時代    
0
平田船川の様子です。
集散地であることを偲ばせます。
この舟で木綿を運んでいたのでしょう。
0
明治40年代の本町通りの様子です。
随分にぎやかだったようです。
 
0
明治時代ごろ
支柱に來間屋の文字が。宣伝・・・。
0
明治時代ごろ
何戦争でしょうか?
戦地への慰問品として発注を受け、
大量に出荷するところです。
 
大正時代ごろ    
0
昔の特産品展 
0
昔は、こういった巻物をもちいて
筆で注文書を書いて送ったようです。
0
やぐらの上に金賞と書かれ來間屋生姜糖とあります。
何かのおひろめでしょうか?
昭和    
0
昔の商業車?
早い時期から車をつかって 配達したそうです。
0
店の中の写真です。
 

 

 


來間屋生姜糖本舗 [http://syougatou-honpo.jp/]
お問い合わせ:kurumaya@syougatou-honpo.jp